革新的なパッケージング

フード パッケージング 研究所

半世紀以上にわたり、私達は技術分野のリーディングイノベーターでした。世界中の様々な産業のために食品包装システムを発達させてきたのです。科学的な研究と調和した革新的な思考への情熱は比類なきパッケージングの大発見を導いてきました。それらは最適な小売り売買のため透明な骨ガード内臓した TBG バッグ; 業界で最も広範なケースレディー 技術のポートフォリオ; ”通気性あり”そして曇り防止材使用による生鮮カット用 製品; 膨張したり中身を注いだりする食品用のフレキシブル パウチ パッケージング システム ; そして食品の鮮度を長く維持する 酸素を掃除するフィルム といった製品を含んでいます。このような経験から食品のための分析する技巧を駆使して幅広い知識を確立してきたのです。
  • 応用、発展、サポートにおいて、私達の食品科学研究所はお客様に様々な技術的サポートを提供しています。
  • この最先端の施設は化学的、生物学的そして知覚的な食品の分析、機械の運用や公衆衛生、資材やシステムの評価を含むサービスの提供を可能にしています。
  • プロジェクトへの参加とサポートが私たちの研究所とお客様がふれあう重要な鍵なのです。応用研究所は 食品の安全 に関する情報と賞味期限問題のソリューションに絡んで技術的な援助のためしばしば助言を求められます。これは常にある程度の調査研究的な作業も含んでおり、問題の確認と解決から成るものやある問題の再発を最小限にすることでお客様を支援するといったものです。
イノベーションの歴史

私たちには食品産業を形成してきた製品発達の歴史財産があります。私たちの製品は誰かのニーズから始まったものですから、お客様との関係やその成功をとても誇りに思います。そして私達は絶えず新しい方法を模索しています。それはパックフォーラム アジア南京農業大学クライオヴァック真空収縮包装研究所インターナショナル シェフズ サークル のようなグループを結合させる事で顧客とその業界全体のソリューションを考えるといった新しい考えを育成していく事です。