食品の安全性への義務

私たちはお客様の製造した商品の安全が最も重要な事であると理解しています。最新の 研究施設 が食品の化学的、生物学的そして知覚的な分析や機器の操作、衛生設備、材料、及びシステム評価といったサービス提供を可能にしています。経験ある技術者が食品安全の情報提供や賞味期限に関して技術的なアシストを行い、お客様と共に活動しており、問題の再発を防ぐお手伝いしています。 
食品安全や品質保持への取り組みに対し業界をリードする提案をご覧ください。 品質の寿命
私達のバリア真空包装とケースレディー技術は流通間の品質保持期限を延ばし、店舗での劣化を防ぎます。
真空包装のソリューションは グリップ&ティア という真空収縮バッグの他, マルチシール(開閉可能)な パッケージ、そして マルチバッグ ポーションパックです。
貴社製品の新鮮な状態はCryovac® がお届けするケースレディーパッケージ ミラベラ™ and Darfresh Bloom™
フレッシュネス プラス ポートフォリオは、加工業者に対して製造方法ではなく包装を通じて品質向上に力を注がせています。
加熱済み製品
米国農務省の加熱済みの食肉製品 (RTE)への規制では、異なる次元からの食物接触と最終製品のリステリア菌検査を求めています。米国農務省は企業に対し、幾つかの最終製品の検査を免除する事を定めています。それは対象企業が包装後加熱調理か、或いは畜肉や鶏肉製品で、調理された場所から同一パッケージで輸送され、二次的に加工の必要の無いパッケージを使用した(CCP 重要管理点)介入ステップを実行している場合です。これらがクックアンドシップ、つまり包装後加熱調理に関する経験がお客様に有効であるとしている事なのです。 次の記事をお読みください。 加工後の殺菌とリステリアへの影響